Goope でホームページを作るにあたって用意しておくもの

ホームページを自分で作るにあたって用意しておくもの

こんにちは
みきです。

今日は自分でホームページを作るにあたって用意するものをお伝えしたいと思います。

写真

まず、お店の写真、店内、駐車場など、お店のわかりやすい写真を用意します。

その他、イメージとなりうる写真なども用意します。
写真は少しこだわってしっかり撮ったほうが良いと思います

お友達にカメラが得意な方とかが、いらっしゃったらその方に頼むなど、クオリティを高くするために撮ってもらいます。
ついでにスタッフ写真も撮ってもらえるといいですね。

店舗情報

営業時間やお店の住所、できれば地図情報などの画像があればなお良いですが、グーペさんは地図情報も登録してくれるので便利です。

コンセプト

どうしてこのお店をやっているかなどのコンセプトがある場合はコンセプトを用意します。
文字化しておくと便利です。

ターゲット

お客様のターゲットによって、写真の撮り方も、業種によっては異なってきます。
ターゲットに響くものに仕上げることが大切かと思います。
女性ターゲットなのか、ファミリーか、年齢層、こと細かく人物を作り上げます

予約流動サイト

予約システムにつなげるためのURLや、ブログ、その他流動するためのサイトのURLを用意します。

ギャラリー

ギャラリーはメインの写真より、より更新したものを載せていきます。
カテゴリーが違うなら、カテゴリーごとに分けて準備をすることをおすすめします。

ブログ

ブログなどは、個人的に日記のようにも書きますが、ブログもかいておくと顧客が見てくれたりするので、こまめに書きます。こちらのURLもつなげれるように準備しておきます

バナーなど

その時時のキャンペーンなどがあれば、そのデザインを用意します。はじめは自分で作ってもいいですが、より、クオリティをたかくしたければ、プロに頼むことをおすすめします。

↓例です

ネイルサロン:例

まとめ

ホームページの構成を事前に考えておくと、準備がしやすいです。
実際どんなホームページにしたいのか、少しイメージを整えておくことも大切かと思います。
また、業者に頼む際は、全てを事前に用意しておくと、少しスムーズになるかと思います。

問い合わせ
イメージカラー